ホーム › 建築資材 › 土木・建築資材 › コンクリート用接着剤 › 弾性ロック

Eメールでのお問い合わせは、info@nittoappli.jp

土木・建築資材

コンクリート用接着剤|弾性ロック
資料のご請求はこちら
オンラインお見積もりを依頼する方はココをクリック

高度化する土木・建築のニーズにお応えしてきたアクリル系高性能接着剤の適用シーンがまた広がりました。 「デンカハードロックII 弾性ロック」は硬化後も柔軟性を持ち、変形追随性を有する接着層を形成します。

特  徴

  1. 低弾性率で接着層が柔軟性を持ちます。
  2. 速硬化性を詠うアクリル系接着剤の特徴を持ちます。
  3. 低温硬化性に優れ、-5℃の環境下でも硬化します。
  4. 環境ホルモン物質 ビスフェノールAを含みません。

用  途

  • コンクリート構造物のひび割れ補修(非構造用途)
  • 目地部充填

荷  姿

6kg セット(A剤・B剤 各3kg)

組立マンホール

性状・特性

項目 単位 A剤(代表値) B剤(代表値) 試験方法
外観 - 白色系粘稠液 濃青色系粘稠液 目視
粘度(20℃) mPa・s 20,000 4,000 JIS K 7117-1
液比重(20℃) - 1.45 1.45 JIS K 7232
混合比率 重量または容量比 1 1 -

硬化特性

項目 単位 代表値 試験方法
可使時間(20℃) 30 発熱法
硬化時間(20℃) 60

性 状 例

硬化物特性
項  目 単  位 性状値 試験方法
引張強さ (N/mm2) 0.80 JIS K 7113
(準 拠)
引張弾性率 (N/mm2) 0.25
破断伸び 2.00
 接着特性
モルタル/モルタル付着力 (N/mm2) 0.50 建研式
破壊状態 接着剤疑集破壊
または母材材破

使用方法

  1. 施工面の前処理
    施工面のエフロ・泥・砂・水・油等の付着物は、施工前にウェスでよく拭き取るか研磨により除去してください。
  2. A剤・B剤の混合と接着
    A剤・B剤をおのおの重量比で1:1に混合し、通常の器材により注入、充填、接着してください。
窓下

特約店

デンカ株式会社

三井化学産資株式会社

日東アプリ株式会社は、株式会社ボルクレイ・ジャパンの指定工事店です。

保土谷建材株式会社

AGCポリマー建材株式会社

     

 

窓下